検査のご案内

内視鏡検査

当院の内視鏡検査には、胃カメラと大腸カメラがあります。

<胃カメラ>

食道から十二指腸までの病気、逆流性食道炎、ヘリコバクター・ピロリ菌感染胃炎、胃十二指腸潰瘍、食道癌、胃癌、ポリープなどの診断を行います。朝8時半から検査開始なので、仕事前に検査が可能です。

※当院では、最新の細経スコープを使用し、鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡検査)を積極的に行っております。
※検査時に鎮静剤(不安を取り除き眠くなるお薬)併用をご希望の場合は、ご対応致します。


<大腸カメラ>

肛門から盲腸までの大腸の全てを検査し、大腸ポリープ、大腸癌、潰瘍性大腸炎などの診断に用いられます。検査時にポリープがあった場合に切除を希望される場合は、事前に注意事項や合併症など説明し同意されれば検査と同時に治療も可能です。
※当院では経験豊富な専門医がすべて担当するので、苦しくない適切な検査・治療が受けられます。
※胃カメラ・大腸カメラは同じ日に検査することも可能です。

<以下の症状が当てはまる方は内視鏡検査をおすすめします>
  • 胃の痛みが気になる方
  • 吐き気・食欲不振の方
  • 食欲がなく、体重が減ってしまった方
  • 胸やけや酸っぱいものが上がってくる(呑酸)方
  • 下痢や便秘が続く方
  • 便が細くなった、血便がある方
  • 腹痛と発熱が続く方
  • 胃がん、大腸がんなどの家族歴がある方
  • 以前大腸にポリープがあると診断された方
  • 35歳以上で、これまで内視鏡検査を受けた事がない方
  • ピロリ菌感染が気になる方
  • 検診で要精査となった方

テレビレントゲン(デジタル)

胸部、腹部、胃透視検査・注腸検査(バリウムを使用)、尿路検査、骨折や脊椎の変形、骨塩など骨の検査に使用するX線検査です。
撮影した画像は、コンピューターで鮮明な画像処理を行うため、どんな小さな病変も逃す事なく見つけられます。
また、検査終了後すぐに映像化して、ご説明が出来るため、短時間での検査が可能で、お忙しい方でも安心して検査が受けられます。

エコー(腹部・乳腺・頸動脈)

体の表面から、人体に無害な超音波(エコー)をあて、内部の病変を診断する検査です。

<腹部>

肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、膀胱、子宮、前立腺、腹部大動脈の異常を発見することが可能な検査です。

<乳腺・甲状腺>

甲状腺や乳腺の異常を精査する検査です。甲状腺がん、乳がんの早期発見に役立ちます。

<頸動脈>

頸動脈の血管の壁の厚さを診断し、動脈硬化の進行度から
血管のつまり具合を測定することができる検査です。
心筋梗塞や脳卒中の危険度を測定する上で重要な検査です。

心電図

<心電図>

ベッドに寝た状態で両手首・両足首・胸部に電極を装着し、心臓が動く時に出るわずかな電気を記録する通常の心電図で、いつでも検査が可能です。
狭心症や心筋梗塞、不整脈などの診断に用いられます。

<ホルター心電図>

携帯型の装置をつけたまま、実生活の中で心電図を長時間記録する検査です。
不整脈や狭心症は、夜や早朝に多く見られる事から、短時間での心電図検査や負荷心電図検査では診断しずらいため、このホルター心電図検査は欠かせない検査となります。

スパイログラフィー

運動時に息苦しい、咳をすることが多い、また、気管支喘息や慢性閉寒性呼吸疾患と診断された方に有用な検査方法です。慢性閉寒性呼吸疾患の予備軍の早期発見のために、肺年齢を算定する事が可能です。
特に予約の必要もなく、結果もその場でご説明致します。


脈波計

血管の老化度や、つまり具合を測定する検査です。
四肢の血圧、脈波から動脈硬化の程度が測定できます。
動脈硬化の早期発見の他、下肢がしびれたり、歩くと足が痛くなって歩けない方などにおすすめの検査です。