切らない痔の手術

痔とは

主に、痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(あな痔)の3種類があります。

痔核は、内痔核と外痔核があります。裂肛は、いきんで排便した時に少し裂けてします急性裂肛と裂肛を繰り返して肛門は狭くなってしまう慢性裂肛があります。痔瘻は、肛門内の細いトンネルから細菌感染をおこして膿がたまり(肛門周囲膿瘍といいます)、肛門周囲の皮膚に穴ができて膿が出てくる病気です。
このうち、疾患の大部分を占めます痔核を説明します。

<内痔核>

主な症状は出血と脱出です。内痔核が出来る場所には感覚神経がないため、多くのケースでは痛みを感じません。多くの場合、排便習慣の改善や肛門注入軟膏などの内科的治療で改善しますが、治らない場合や繰り返す場合は外科的治療が必要になります。外科的治療には、主に従来どおり切って治す方法(結紮切除術)と切らない方法(後述)があります。

<外痔核>

一方、外痔核の場合は強い痛みと腫れを伴います。場合によっては痛みで歩けないこともあります。治療には軟膏などを用いますが、手術療法で痔核を切除することもあります。


切らない痔の手術=ジオン注による痔核硬化療法(ALTA療法)について

痔の治療と聞くと上記のような切除術を想像される方が多いかと思います。根本から治すという意味では切除術も有効な治療法の一つですが、術後の出血と強い疼痛という欠点がありました。

その点、切らない痔の切除術は痛みを感じにくい場所に注射を行うため、リラックスしながら受けることが出来ます。出血量も少なく、日帰り治療が可能なので、忙しい方にもぴったりの治療法といえます。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

手術方法

切らない痔の手術では切除ではなく注射を行います。注射するのはジオン注という薬であり、有効成分は硫酸アルミニウムカリウム水和物とタンニン酸です。
これらの物質は痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を固くして粘膜に固定させる作用があります。
一つの痔に対して通常は4か所ジオン注射を行います。痛みもなく、手術時間も短いので忙しい方にはぴったりといえます。


手術の流れ

<問診・肛門診察等の精査>

ご来院いただいた日に問診、肛門診察を行い、手術の予約を行います。

<手術当日>

仙骨硬膜外ブロック麻酔と、鎮静剤の点滴を行い、1つの痔に対してジオン注射を4ヶ所投与します。

<術後>

手術当日帰宅後は安静にしていただきますが、翌日から安静の必要はありません。

ページTOPへ