Information

ようこそ、兒玉医院のホームページへ。

兒玉医院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。院長の兒玉 東策(こだま とうさく)と申します。

当院は、昭和57年千葉県松戸市に有床診療所として開院し、内科、外科、胃腸科、整形外科を中心に診療を開始致しました。その後の医療の進歩は目覚しく、医療を取り巻く環境は大きく様変わりし、病気の診断、治療は臓器別に細分化され、より専門性の高い医療が受けられるようになりました。当院も、時代の変遷とともに有床から無床診療所へと形は変わりましたが、こうした時代の変化に対応すべくデジタルレントゲン撮影、電子カルテ、高画像細径内視鏡ファイバーなど最新医療機器を導入し、特に消化器疾患に関しては、専門性の高い医療サービスを提供しております。また、呼吸器内科、泌尿器科は非常勤ではありますが、専門医の診療も受診可能です。いっぽう、細分化された医療は、「木を見て森を見ず」に例えられるように、全身を統合的に診ることができる医師が育たない弊害も生じています。兒玉医院は、開院以来、慈恵医大初代学長髙木兼寛の「病気を診ずして、病人を診よ」の教えを教訓として、地域のかかりつけ医として科にとらわれず全身を診るという全人的医療を心掛け地域医療に貢献して参りました。もちろん、近隣の大学病院や地域中核病院とは常に医療連携を強化しておりますので、緊急性やより高度な専門的治療をお願することもあります。

病気やケガなどでお困りの時は、まずは当院に来院していただきお気軽にご相談ください。